LB1000 実例・テレビ棚

  1. トップ
  2. LB1000シリーズトップ
  3. 実例
  4. テレビ棚

LB1000で作るテレビ棚

収納するモノに合わせてカタチを作れるLB1000なら、薄型液晶テレビをスマートに設置。

壁面収納として、壁面に組み込んだり 壁のハリや凹凸を上手に避けて、備え付けの棚のようにしたり また、壁掛け金具取付パネルキットを使えば、奥行160mmの突っ張り棚にピタっとはめ込めます!!

収納力を兼ね備えた、スマートで機能的なテレビの設置なら、LB1000にお任せください。 この1年で、1番人気のスタイルは、このテレビ収納ラックです。

新築マンションモデルルーム

モデルルームでも絶賛!太鼓判の美しさ

新築マンションのモデルルームから依頼を受けて作った、リビングルームのテレビ棚。 壁面のハリを避けながら、天井ツッパリをしたこの棚は「備え付けみたい!」と大変好評でした。 お部屋に馴染むシンプルな美しさは、お部屋を広く見せることが出来ます。

◆ W1720×D200/400×H2500 価格:232,699円

明細リスト

側板
D280×H880 LB24 2枚
D280×H580 LB43 2枚
D400×1740 LB400MCE 5枚
D400×1740 LB400MC 2枚
棚板
W580×D400 LB53 9枚
W580×D280 LB33 6枚
特注エクステンション   2セット
オプション
引き出し LB425 4個
特注サイズ扉(観音)   1セット
マルチバー
W580×H60 LB13 9本
W1740×H60 LB15MC 1本
背板
特注サイズ背板   4枚
金具
L型金具 LB80 11セット
ベース金具 LB85 6セット
棚板ピン LB86 3セット
背板用クギ LB88

4セット

ジョイントレール LB96 2本
ジョイントレール LB97 4本
LB80カバー LB801 8セット
その他
カット加工   30箇所
穴あけ加工   27個×4枚
配線孔   2箇所

合計金額 ¥232,699

神奈川県S様邸

リビングに置かれた圧巻の複合型本棚!

隠す収納と、ディスプレイスペースのバランスが見事な、収納力抜群のテレビ収納棚。
中央部にテレビとAV機器スペース、上部にはディスプレイできるスペースを作り、左右対称で美しい壁面収納棚に。

液晶テレビの後ろには薄型の棚板を入れて隠し収納が設けてあり、テレビ下の引出しは大量のDVDやCDを入れても滑らかに開閉できるよう、ゆっくり閉まり音のしないソフトクロージングタイプで特注製作…と、こだわりが随所に散りばめられた機能棚です。

◆ W1980×D400/280×H2400 価格278,465円

明細リスト

側板
D160×H1740 LBS127E 1枚
D280×H580 LB23 2枚
D280×H1160 LB25 2枚
D280×H1740 LB27E 3枚
D400×H580 LB43 5枚
D280×H1740 LB280MC 2枚
D280×H1740 LB280MCE 1枚
D400×H1740 LB400MCE 1枚

W360×D120 LBM031 1枚
W360×D280 LB31 8枚
W580×D280 LB33 5枚
W360×D400 LB51 4枚
W580×D400 LB53 4枚
エクステンション LB31EX 2枚
オプション
木扉 LB343 3個
木扉 LB315 2個
引き出し LB413 2個
引き出し LB423 4個
DVD収納 特注ソフトクロージング引き出し   2個
特注サイズストッパー   2個
マルチバー
W360×H60 LB11 6本
W580×H60 LB13 6本
W1740×H60 LB15MC 2本
背板
W380×H1080 LB551 1枚
W380×H1660 LB571 2枚
W600×H1080 LB553 2枚
金具
L型金具 LB80 14セット
ベース金具 LB85 6セット
棚板ピン LB86 2セット
背板用クギ LB88 5セット
I型金具 LB82 2セット
ジョイントレール LB96 5本
その他
カット加工   19箇所

合計金額 ¥278,465

実例一覧では、もっとシンプルな棚や、リーズナブルな棚、個性的な棚など、様々な棚が作られています。写真と併せて、サイズや参考価格も載せていますのでアイディアの参考にどうぞ。

実例一覧


テレビ台の収納術

リビングがゴチャゴチャしていると落ち着きません。
テレビ台を使った収納術を使って、リビングをすっきりさせてみてはいかがでしょうか。

◆テレビとテレビ台のバランスは合ってますか?

買い替えで以前より大きなテレビを購入したのに、テレビ台は小さいまま…とか、せっかく液晶テレビで薄くなったのに、無駄な奥行の台に乗せている…、ということは、ありませんか?

台だけ小さいままではバランスが悪いですし、収納スペースも足りませんから周辺機器やコンセントなどもゴチャゴチャして見た目も悪く、掃除もしにくくなってしまいます。
また、液晶テレビにそぐわない奥行きのテレビ台では、大切な空間の無駄使いとなってしまいます。

◆優れたテレビ台とは?

テレビのサイズに合った台に買い替えるのであれば、
 1)収納力(周辺機器や、リビング周りの小物などもスッキリ片付くようなもの)
 2)耐震性(地震など自然災害への備えも重要)
この二つを持ち合わせたタイプをオススメします。
サイズや見た目も勿論大切ですが、優れたテレビ台には『機能性』も不可欠です。

◆テレビ台を兼ね備えた壁面収納のススメ

テレビ台を兼ね備えた壁面収納のような大型タイプは、一見耐震性に乏しく見えがちですが、天井に突っ張ったりと、転倒防止などの対策がかえってやりやすくなります。また、テレビやデッキを一箇所にまとめ、部屋に散らばっている小物やインテリアもまとめてすっきりさせることがで出来るのでとても便利。

また、壁面を一つの統一した印象にすることで、部屋全体も落ち着いた雰囲気にすることもできます。
テレビ台を『中心となるインテリア』として、観葉植物やライトなど他のインテリアも合わせたコーディネイトをすれば、部屋全体の統一感が簡単に演出することができます。

◆テレビ周りの整理整頓

テレビ台を収納として利用する場合は、より使いやすくするためにカゴやボックスなどを併用すると便利です。
収納したいものと合わせ、トータルで揃えるとすっきり感が増しますし、使いやすくなります。
まずは、収納したいものを一通り並べ、絶対に収納したいものに順位をつけて配置。
それから、空いたスペースの高さや幅などを考えながら、何が収納出来るかを考えていきましょう。

収納スペースの高さや幅を自由に設計できる『組立式』ですと「収納するモノ」に合わせたテレビ台が作れる他、引き出しや扉などを上手に使い、細かいものや、見せたくない物もスッキリと片付けられるので更に便利です。
( LB1000なら20ミリピッチで棚位置を動かせます)