LB1000 実例・間仕切り棚

  1. トップ
  2. LB1000シリーズトップ
  3. 実例
  4. 間仕切り棚"

LB1000で作る間仕切り棚

お部屋を賢く間仕切りするなら、LB1000を利用してしまえば、 収納力付で一石二鳥!
奥行120mmや160mmなら、空間を狭くすることなの無い、スマートな収納付パーテーションに早変わりです☆

特注でドアを付けてしまう事も可能なので、リフォームと変わらない様なお部屋分割も出来ちゃいます。

壁の代わりとなるほど、しっかり部屋を区切るならば、天井までのシッカリの高さを。
空間を柔らかく分けるなら、敢えて天井との隙間を持たせて空気の流れを作ります。

両面から使えるように、オープン棚にするも良し
片側は壁に見えるように、両面化粧背板で隠してしまうのも良し
1列目は、A部屋向きに背板を付け、2列目はB部屋に背板を付け、3列目は両方から使える扉に…。などなど
用途によった、あなただけのデザインを形に出来るのがLB1000の凄いところです。

東京都F様邸

リフォームよりもグッとお手軽! 奥行160ミリのLBにドアを付けた本格間仕切り

マンションの部屋を仕切るために設計された、ドア付き間仕切り収納棚です。
奥行120mmを利用しているので、部屋の広さを保ちながら収納スペースが確保出来ました。
特注のドアにより、仕切った部屋を独立した空間として使えるよう配慮。

これなら、マンションでもお部屋を分割出来ちゃいます。


◆W1760×D145×H1800 価格:115,344円(特注ドア除く)

明細リスト

側板
D120×H1740 LBM027 4枚
D120×H880 LBM024 2枚
棚板
W360×D120 LBM031 7枚
W580×D120

LBM033

7枚
W740×D120

LBM034

8枚
オプション
木扉

LB343

3セット
木扉

LB345

1セット
マルチバー
W360×H60 LB11 2枚
W580×H60 LB13 2枚
W740×H60 LB14 12枚
背板
W360×H800 LB541 2枚
W580×H800 LB543 2枚
W780×H800 LB544 2枚
W360×H1080 LB551 2枚
W580×H1080 LB553 2枚
W740×H1080 LB554 2枚
金具
L型金具 LB80 6セット
ベース金具 LB85 3セット
棚板ピン LB86 3セット
背板用クギ LB88 4セット
その他
高さカット加工   10箇所

合計金額 ¥115,344

埼玉県K様邸

【 石川県ヒガシ工場の事務所 】  デスク回りをLBパーテーションで区切って MYスペースを確保!

弊社工場の、事務所一角。
デスク回りにLBを上手に利用したパーテーションを組みました。
デスクの高さと合わせてカットした高さ740mmと、既存の1160mmを上手に使うことで、圧迫感がとっても少ない!

座って仕事をしていると、視界に人が見えないので集中しやすく、 立っている人から見ると、覗ける高さです。
デスク側には、デスクトップモニターや良く使うファイルなどを個人的な仕事道具を収納し
外側には、共有で使用するカタログなどを並べています。

◆ W1680×D1220×H740/1160 mm  価格:96,087円

明細リスト

側板
D280×H1740 LB27 1枚
D280×H1160 LB25 4枚
棚板
W580×D280 LB33 7枚
W740×D280

LB34

8枚
W740×D400

LB54

1枚
オプション
木扉

LB315

1セット
マルチバー
W580×H60 LB13 4枚
W740×H60 LB14 4枚
背板
W580×H1656 LB583 1枚
金具
L型金具 LB80 7セット
その他
高さカット加工   3箇所

合計金額 ¥96,087

実例一覧では、もっとシンプルな棚や、リーズナブルな棚、個性的な棚など、様々な棚が作られています。写真と併せて、サイズや参考価格も載せていますのでアイディアの参考にどうぞ。

実例一覧


間仕切り棚の知識

「間仕切り」を探しにお店に行くと、スチールパーテーションやウッドパーテーション…、 天井まで高さのあるものや腰の高さほどのものなど多種多様の「間仕切り」が販売されています。

ロールスクリーンや、突っ張り式のパネルでしっかり分けるだけでなく、リビングにちょっとしたローボードやウッドラックを置くだけでも、間仕切りの役目は果たします。

要はただ単に、空間を何かしらで仕切ってしまえばそれは「間仕切り」として機能するのです。

◆間仕切り棚に必要なのは『利便性』

しかし、間仕切り棚というとそこに「棚」としての機能を持たせなければいけません。
機能を持たせるとなると必ず重要視しなければならないのが「利便性」です。

◆間仕切り棚の機能を活かすには『動線が大切』

空間を仕切り、そこを棚としての役目を活かすための動線も考えなければいけません。
店頭などではお客様の動き方や商品の置き具合。間仕切り棚の活かし方で売れ行きを左右することもあります。
それは一般家庭でも同じで、間仕切り棚の機能を活かせるかどうかで生活が一変すると考えても過言ではありません。
そこが単なる「間仕切り」や「棚」とは違った難しさでもあり、楽しさとも言えるでしょう。

◆コーディネーターやプランナーに頼るのも一案

とは言え自分一人で考えるには限界があります。そこで頼るべきはインテリアコーディネーターと呼ばれる方々です。
マンションのモデルルームや、お洒落な店頭のプラン等にはほとんど彼ら(多くは彼女達)の活躍があるのです。
いかに自分のイメージに合うか、そこに利便性という命を吹き込めるかは、その選択にかかっているとも言えます。
相談料や依頼料等で数万円かかりますが、その後の経営、生活に影響するものですから、それを考えると安いのかも知れません。ぜひ間仕切り棚だけではなく、空間全体としてのプランとして考えてみてはどうでしょう。

◆当社にも無料相談室が有ります。

当社には、残念ながらインテリアコーディネーターはいませんが、LB1000の機能を知り尽くし、多くのお客様プランを一緒に考えてきた専門スタッフがおります。
メールや電話は勿論、相談室もご用意していますので、是非ご活用ください。
相談は、購入に関わらず無料で行っています。