LB1000 実例・CD/DVD/レコード棚

  1. トップ
  2. LB1000シリーズトップ
  3. 実例
  4. CD/DVD/レコード棚

LB1000で作るCD・DVDレコード棚

CD/DVD/Record Shelf Style

CDやDVD、レコードの収納に困っているならLB1000が大活躍!

CD・DVDなら奥行160mmでピッタリ納まり
レコードなら奥行400mm。

天井まで目一杯な高さにすれば、思った以上の量を収納することが出来るうえ
見た目も美しい収納になりますよ。

増え続ける事が多い、CDやレコード類も、増えてきたら棚を自分で簡単に増やしていけるLB1000なら
今の量に合わせて作り、後から足していけてとっても便利です。

ピックアップ実例 東京都H様邸

CD+TV+PCデスクの壁面ラック

CD収集家でもある、イラストレーターさんのご自宅に設置した壁一面の収納棚。
2600枚のCDをスッキリ収納させる棚を作られました!
写真手前はPCデスクになっており、奥の天井までの棚がCDと本とテレビの棚に。
棚上部は、ハリを避けて奥行160mmにし、メイン部分は奥行280mm。下は400mmにしています。

◆ W2820×D160/280/400×2280 価格:229,648円(天井までの棚部分のみ)

明細リスト

D400×H580 LB43 6枚
D280×H1160 LB25 6枚
D160×H580 LBS123 6枚
棚板
W360×D400 LB51 3枚
W580×D400 LB53 9枚
W740×D400 LB54 3枚
W360×D280 LB31 7枚
W580×D280 LB33 21枚
W740×D280 LB34 5枚
W360×D160 LBS131 3枚
W580×D160 LBS133 9枚
W740×D160 LBS134 3枚
マルチバー
W360×H60 LB11 2本
W580×H60 LB13 6本
W740×H60 LB14 2本
背板
W380×H1660 LB571 1本
W600×H1660 LB573 3本
W780×H1660 LB574 1本
金具
L型金具 LB80 25セット
ベース金具 LB85 5セット
棚板ピン LB86 7セット
背板用クギ LB88 5セット
ジョイントレール LB95 6本
ジョイントレール LB96 6本
その他
カット加工   24箇所
コンセント部くりぬき加工   1箇所

合計金額 ¥229,648

ピックアップ実例 北海道W様邸

大量のレコードをスッキリ見せるレコードラック!

たっぷりとLPレコードを収納できる棚の制作例です。
中段二段はレコードジャケットを正面にディスプレイして、お部屋のインテリアとしても活用 。
シンプルながら、 棚板一段をジャケットサイズ一杯に設定し、天地スペースを最大限に有効利用しています。

◆ W2300×D400×H2140 価格:163,296円

側板
D400×H1740 LB47E 3枚
D400×H1740 LB47 5枚
D400×H580 LB43 5枚
棚板
W360×D400 LB51 42枚
マルチバー
W360×H60 LB11 12本
金具
L型金具 LB80 24セット
ベース金具 LB85 6セット
棚板ピン LB86 3セット
その他
カット加工   7箇所

合計 ¥163,296

実例一覧では、もっとシンプルな棚や、リーズナブルな棚、個性的な棚など、様々な棚が作られています。写真と併せて、サイズや参考価格も載せていますのでアイディアの参考にどうぞ。

実例一覧


収納のヒント CDやDVDの収納術

収納のヒント CDやDVDの収納術

CDやDVDって、たまってくると収納場所に困りますよね。
今回は、そんなCD・DVDの収納方法についてご紹介します。

◆ティッシュボックスを使う収納方法

ティッシュボックスとは、ティッシュの空き箱ではなく、ティッシュを入れるために売っているケースのことです。
もちろん、ティッシュの空き箱を切りぬいてもかまいませんが、強度に欠けますので、100円ショップか300円ショップなどで買うのがオススメです。ワイヤーが入っているので、とても頑丈です。300円ショップにはデザインのいいティッシュボックスがたくさんありますよ。
利用方法は簡単です。ティッシュボックスにCDやDVDをどんどん詰めていくだけです。
ひとつのティッシュボックスに100枚以上のCD・DVDが入ります。分類を意識するなら、間に仕切りを用意してもいいかもしれませんね。

◆不織布でできたケースを使う収納方法

次に紹介するのは、100円ショップで売っている不織布でできたケースを使うやり方です。
これも利用方法は簡単、CDをケースから出して、不織布ケースに入れていくだけです。これがどうして収納術になるのかと言いますと、CDやDVDのケースって、案外かさばるものなのです。それを省くだけで、かなりのスペース削減につながります。
分かりやすいように、不織布ケースにはなんのCDか、なんのDVDかというのをきちんと書いておくとよいでしょう。
それから、不織布ケースに入れたものを収納するケースも買っておきましょう。これも100円ショップで揃います。

◆奥行きに合わせた薄型ラックの収納方法

でもやっぱり、見栄えよく、そしていつでもスッと探せる様に収納したいという方には「ラック」がオススメ。
せっかく集めたコレクションでもありますから、ズラリと並んだ思い出の数々は眺めるだけでも楽しいものです。

しかし、収納する量に合わせて選ぶとは言っても、趣味のアイテムは増え続けるのが困りどころ。
後から同じラックを買い足そうと思ったら、シリーズが無くなってしまっていたり。
積み重ねが出来なくて、ラック自体が逆に邪魔になってしまって結局買い替えたり。
そういった問題が起きないように、とりあえず買いや衝動買いには注意が必要です。

なるべく無駄な奥行が出ない、薄型サイズの棚や、CD・DVD専用ラックであることも大切ですが
信頼できるメーカーの、長く続きそうなラックであることも重要です。

LB1000なら、CDやDVDにもピッタリな奥行160ミリを基本パーツとして持っているほか、
1982年から愛され続けているという信頼性も有ります。
また、高さや幅を後から足していけるという拡張性も兼ね備えています。

持っている量や、これからのこと等を考え、自分に合う収納方法を試してみてください。