HP series DIYで作るお手軽キャットタワー

  1. トップ
  2. HP series DIYで作るお手軽キャットタワー

趣味の用途に特化したDIYアレンジのご紹介!
〜 突っ張り式 お手軽キャットタワー 〜

今回ご紹介するDIYアレンジは、猫ちゃん好きのお客様から何度かご相談を受けたキャットタワー。NEWアイテムの「大型片持棚板」や「天井滑り止め補強受板」を使うことでカンタンなDIYで製作可能になりました。
棚板に市販のクッションマットを貼って作る、HPキャットタワーの製作実例をご紹介します。

DIY POINT!

市販のカーペットシートや、クッションマット等を大型片持棚板や木製連結棚板に合わせてカットし、両面テープで貼るだけ!

■大型片持棚にクッションを取付け

大型片持棚は補強桟がセットになっているので、猫ちゃんが飛び乗って遊んだり上り下りしても安心。

■工夫次第で自由にアレンジ

パイプに爪研ぎロープを巻き付けたりお好みでアレンジも自在。天井滑り止め補強受板を使用すれば強度がアップし、ポールのズレや回転を防止します。

※ご購入前に必ずページ下の「ご注意ください」をお読みください。


DIY例で使用したアイテムはこちら
↓↓↓↓↓↓↓

【キャットタワーとしてご使用する場合のご注意】

  • 片持ち棚板は、必ず補強桟が付いた「大型片持ち棚」をご使用ください。補強桟を外しての使用は絶対にしないでください。
  • 補強桟のついていない通常サイズの片持ち棚(HSS47・HS47)は強度不足です。使用する際には、別売りの補強桟を取り付けてご使用ください。
  • ポールには必ず「天井滑り止め補強受板」を取り付けてご使用ください。
  • 猫ちゃんの激しい運動などで金具が緩む可能性がございます。ポールがしっかりと天井に突っ張っているか、棚板が緩みなくポールに取付けられ、補強桟が棚板を確実に支えているか等、定期的に確認するようにしてください。
  • 凸凹のある天井や床、柔らかい材質・滑りやすい場所では正しく設置が出来ず、転倒する危険がありますので設置しないようお願いします。